加害者側の保険会社から、交通事故の治療費の立替払いを打ち切りますと言われた時は?

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

よくある質問

HOME > よくある質問 > 加害者側の保険会社から、交通事故の治療費の立替払いを打ち切りますと言われた時は?

交通事故の治療費、慰謝料のよくある質問

Q、加害者側の保険会社から、交通事故の治療費の立替払いを打ち切りますと言われた時は?

加害者側の保険会社から、治療費の立替払いを打ち切ると言われることがあります。
治療費の立替払いが打ち切られた場合であっても、全額自己負担で治療を継続することはもちろん、場合によっては健康保険を利用して一部の自己負担で治療を継続することができることもあります。


治療費の立替払いを打ち切られたことと、治療の必要性があるかということは直接には関係がなく、治療を継続するべきか否かは医師が医学的な知見をもとに判断することですので、医師が治療継続の必要性を認めている場合には、経済的な負担は生じますが、自費または健康保険を利用して治療を継続するのも、今後の身体的な回復を最優先に考えた場合の選択肢の一つといえるのではないでしょうか。


関連したQAです 交通事故の治療費、慰謝料のよくある質問

Q、加害者側の保険会社から、交通事故の治療費の立替払いを打ち切りますと言われた時は?
加害者側の保険会社から、治療費の立替払いを打ち切ると言われることがあります。>続きを読む
Q、治療が終了したら賠償額についての交渉は被害者自身でするのでしょうか?
必ずしも被害者本人が交渉するとは限りません。未成年者の場合は、親権者が交渉を行いますし・・・ >続きを読む
Q、交通事故の慰謝料の算定方法は?
交通事故によって身体が損傷した場合に、加害者に請求できる慰謝料には、①死亡慰謝料・・・ >続きを読む
掲載内容で解決しない疑問は、お気軽にお問い合わせください。電話:0120-292511 平日:午前9時30分~午後5時30分

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.