交通事故の慰謝料の算定方法は?

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

よくある質問

HOME > よくある質問 > 交通事故の慰謝料の算定方法は?

交通事故の治療費、慰謝料のよくある質問

Q、交通事故の慰謝料の算定方法は?

交通事故によって身体が損傷した場合に、加害者に請求できる慰謝料には、①死亡慰謝料、②入通院慰謝料(傷害慰謝料)、③後遺障害慰謝料、の3つがあります。


死亡慰謝料の金額は、交通事故で死亡した被害者の年齢、家族構成などにより算定します。
入通院慰謝料(傷害慰謝料)の金額は、弁護士が介入した場合、初診時から症状固定日までの入通院期間の長さにより計算します。
傷害の部位、程度によっては、計算した金額の20~30%程度増額することがあります。
後遺障害慰謝料の金額は、後遺障害の等級に応じてより算定します。


以上の慰謝料は、弁護士が被害者の代理人として請求する場合には、過去の裁判例の集積により慰謝料の相場があり、これに基づき算定することになりますが、加害者の事故態様が悪質(例えば、飲酒運転、信号無視など)であったり、事故後の対応が極めて不誠実であった場合には、この慰謝料相場の金額よりも増額される場合があります。


関連したQAです 交通事故の治療費、慰謝料のよくある質問

Q、加害者側の保険会社から、交通事故の治療費の立替払いを打ち切りますと言われた時は?
加害者側の保険会社から、治療費の立替払いを打ち切ると言われることがあります。>続きを読む
Q、治療が終了したら賠償額についての交渉は被害者自身でするのでしょうか?
必ずしも被害者本人が交渉するとは限りません。未成年者の場合は、親権者が交渉を行いますし・・・ >続きを読む
Q、交通事故の慰謝料の算定方法は?
交通事故によって身体が損傷した場合に、加害者に請求できる慰謝料には、①死亡慰謝料・・・ >続きを読む
掲載内容で解決しない疑問は、お気軽にお問い合わせください。電話:0120-292511 平日:午前9時30分~午後5時30分

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.