交通事故の損害賠償請求はいつまでにしなければいけないのでしょうか?

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

よくある質問

HOME > よくある質問 > 交通事故の損害賠償請求はいつまでにしなければいけないのでしょうか?

示談交渉、訴訟、損害賠償請求のよくある質問

Q、交通事故の損害賠償請求はいつまでにしなければいけないのでしょうか?

加害者に対して交通事故の損害賠償請求をする場合、根拠となる条文は、民法第709条(不法行為)と自動車損害賠償保障法(以下、「自賠法」といいます。)3条です。
民法第724条は「不法行為による損害賠償請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年以上行使しないときには、時効によって消滅する。
不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。」と規定しています。
したがって、3年以内の時効期間内か、20年以内の除斥期間内に損害賠償請求権を行使する必要があります。
いつまでも請求ができるわけではないので、ご注意ください。


関連したQAです 示談交渉、訴訟、損害賠償請求のよくある質問

Q、交通事故の損害賠償請求はいつまでにしなければいけないのでしょうか?
加害者に対して交通事故の損害賠償請求をする場合、根拠となる条文は、民法第709条(不法行為)と・・・ >続きを読む
Q、交通事故示談で弁護士を間に入れると言われたら?
交通事故の相手方や、相手方の保険会社から交渉の窓口として弁護士(損害保険会社の顧問弁護士・・・ >続きを読む
Q、交通事故の後遺障害等級申請(被害者請求)やその異議申立手続は、示談後でも大丈夫ですか?
症状固定日までの治療費・休業損害・入通院慰謝料等の傷害部分(=後遺障害部分を除いた部分)に・・・ >続きを読む
Q、裁判をしないと、裁判基準の賠償金額にならないのですか?
ケースバイケースですが、弁護士が介入した場合、相手保険会社との任意交渉の結果、裁判基準の・・・ >続きを読む
Q、交通事故の裁判では、裁判費用が多くかかるのですか?
交通事故の裁判だからといって、裁判費用が多くかかるというわけではありません。>続きを読む
Q、交通事故の裁判に、出席する必要はありますか?
弁護士に訴訟手続を委任した場合、弁護士が依頼者の訴訟代理人として裁判に出席するので、・・・ >続きを読む
掲載内容で解決しない疑問は、お気軽にお問い合わせください。電話:0120-292511 平日:午前9時30分~午後5時30分

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.