被害者請求で後遺障害診断書以外の書類を添付し14級を獲得したケース

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

解決事例

HOME > 交通事故の解決事例 >被害者請求で後遺障害診断書以外の書類を添付し14級を獲得したケース

被害者請求で後遺障害診断書以外の書類を添付し14級を獲得したケース

事故時診断:頚椎捻挫
後遺障害:14級
30代の主婦が交通事故で受傷して頚椎捻挫となり約8ヶ月間通院し症状固定となりました。
当事務所は、症状固定前の段階から相談を受けていましたので後遺障害診断書、当事務所独自の書類である神経症状検査表やThe Neck Pain Disability Index (NDI:痛みのよってどのような不自由が実際に生じているのかの評価表)などの書類の取付をスムーズに行い、それらの書類等を添付して被害者請求したところ14級9号を獲得しました。
最終的には427万円の解決となりました。
休業損害:130万円
傷害慰謝料:100万円
後遺障害慰謝料:110万円
後遺障害逸失利益:82万円

弁護士からのコメント

通常、事前認定(加害者側保険会社が窓口になって行う後遺障害認定)の場合は、加害者側保険会社が後遺障害診断書のみを取り付けて後遺障害等級の審査に回すことが殆どですが、当事務所では、後遺障害の立証を主体的に行います。
具体的には、後遺障害診断書だけではなく、神経症状検査表やNDIなどの後遺障害診断書を補足・補強する書類を独自に取り付けて被害者請求を行います。
被害者の生の症状を自賠責の調査事務所に伝えることは非常に重要です。
解決額は、427万円となり14級事案ではかなり高額な解決になりましたので被害者には大変喜んでいただきました。

交通事故の解決事例一覧に戻る

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.