22歳の学生(男性)が、9級16号を認定され、賠償金を得た事案

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

解決事例

HOME > 交通事故の解決事例 >22歳の学生(男性)が、9級16号を認定され、賠償金を得た事案

22歳の学生(男性)が、9級16号を認定され、賠償金を得た事案

事故時診断:顔面多発挫創、顔面皮膚欠損創、鼻骨骨折、頚椎捻挫
後遺障害:9級
22歳男性が自転車で坂道を下り、T字路で右折した際、車と衝突するという事故で受傷し、顔面多発挫創、顔面皮膚欠損創、鼻骨骨折、頚椎捻挫となり、通院中に、今後の示談について不安があると言うことで、相談に乗り受任しました。
症状固定の診断を受け、被害者請求を行い、9級16号が認定されました。
その後、相手方との交渉の結果、後遺障害逸失利益約920万円を前提に解決をしました。

弁護士からのコメント

被害者は、若い男性で顔面に10数センチの線状傷が残りました。
通常、保険会社側は、男性の醜状痕は労働能力喪失率に影響しないと主張し、醜状痕による逸失利益を否定してくることが多いのですが、当事務所が、男性であっても顔のキズにより対人関係で消極的になり間接的に労働能力に影響すると主張したところ、こちらの主張通りの逸失利益を認めさせることができました。

交通事故の解決事例一覧に戻る

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.