自転車運転中の事故で、当初の過失割合を逆転し、後遺障害14級が認定された事案

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

解決事例

HOME > 交通事故の解決事例 >自転車運転中の事故で、当初の過失割合を逆転し、後遺障害14級が認定された事案

自転車運転中の事故で、当初の過失割合を逆転し、後遺障害14級が認定された事案

事故時診断:右足指の骨折
後遺障害:14級9号
30歳の男性が、非優先道路から優先道路を自転車で横断しようとしたところ、優先道路を走行中のバイクと接触しました。
依頼者は、右足指の骨折で入院加療中、自身に過失もあり相手の賠償する保険も思いつかず、今後の交渉が不安ということで、相談に乗り受任しました。
退院後、数カ月通院し、当事務所で被害者請求を行い、14級9号が認定されました。
事故による欠勤のため会社を解雇されていたので、休業損害、逸失利益に関する資料を揃え、相手方保険会社との交渉の結果、自賠責保険金を含めて、約315万円で解決しました。
過失割合は、依頼者が30%、相手が70%でした
治療費、物損を含めた総損害額:約600万円
休業損害:124万円
傷害慰謝料:190万円
逸失利益:約100万円(事故時アルバイトにもかかわらず、逸失利益の基礎収入は30代男性学歴計の平均賃金約450万円で算定)
後遺症慰謝料:110万円

弁護士からのコメント

依頼者は、当事務所に相談に来る前に、色々な弁護士に相談したようです。
私山口も、電話でお話を聞く限りでは、過失割合で分が悪い、相手に賠償金を支払う資力もないということで、かなり難しい事案だと思いました。

しかし、私が損害保険会社に勤務していた経験上、自転車事故で賠償をする場合は、個人賠償責任保険でカバーができること、個人賠償責任保険は自動車保険だけではなく、火災保険やゴルファー保険等にも付帯で付いていることが多いことを知っていました。
そこで、依頼者にご自身のアパートの火災保険を調べてみるようにアドバイスをしたところ、個人賠償責任保険がちゃんとついていました。
この保険により、相手側への賠償は何の問題もなくスムーズに進みました。

依頼者は、相手の方から直接賠償金を請求されていましたので、心理的にも安心されたようです。
その後、依頼者の治療が終わり、被害者請求をして14級が認定されました。
その後、相手側が加入している保険会社と交渉を開始しました。
損害の額では、依頼者は事故時アルバイトで生計を立てていましたが、逸失利益では将来の収入増の可能性を主張し、30代男子労働者の平均賃金約450万円を基礎収入にすることができました。

また、当初、相手側は、自分が優先道路を走行していたということで、相手側30%、私の依頼者70%の過失割合を主張してきました。
しかし、私が刑事記録を取って相手側の大幅な速度超過を詳細に立証したところ、過失割合は逆転し、相手側が70%、依頼者側が30%ということで示談をしました。
依頼者には、非常に喜んでいただきました。

ご相談者の声

1. ご依頼いただいた交通事故の解決に向けた弁護士・事務所の対応についてお聞かせ下さい。
ご依頼者の声
  • 頼り甲斐がある。
    迅速である。
    思っていた以上に示談金をいただいた。
    弁護士秘書様のご対応はとても優しく丁寧であった。
    ささいな事でもしっかり先生に伝えていただいた。
    小さな案件であろうと決して手を抜かず依頼人の為にも全力で闘っていただき感謝の言葉も思いつかないほどです。
    先生のような人に出会えて良かったです。

交通事故の解決事例一覧に戻る

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.