保険会社の提示よりも大幅に上がった解決事例

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

解決事例

HOME > 交通事故の解決事例 > 保険会社の提示よりも大幅に上がった解決事例

保険会社の提示よりも大幅に上がった解決事例

ここでは、福岡交通事故.jpの解決事例の中で
保険会社の提示よりも大幅に上がった解決事例をご紹介します。




解決事例内容
約2か月半の交渉の結果、保険会社の最終提示額の約2倍の賠償金を得た事案
被害者請求を行い14級の認定を受け、保険会社の最終提示額より約4.5倍増額した事案
適切な追加検査を行い異議申立が認められた事案
20代会社員(男性)が交渉の結果、保険会社の最終提示額の約3倍の賠償金を得た事案
加害者の親族の任意保険会社に対して民事訴訟を提起し、賠償を得られた事案
事前認定非該当から異議申立を行い、14級を獲得し賠償額が約4倍になった事案
民事訴訟の結果、交渉段階での最終提示額より約2100万円の増額ができた事案
裁判を経て保険会社最終提示額の3.6倍の賠償金を得た事案
民事裁判を経て、約2倍の賠償金が認定された事案
50代の主婦が、1ヶ月で約1.8倍の賠償金を得た事案
57歳の主婦(女性)が、実質5日間の示談で2倍の賠償金を得た事案
31歳(男性)が、賠償金を得た事案
39歳の主婦(女性)が、実質10日の示談で1.7倍の賠償金を得た事案
41歳の会社員(男性)が、実質5日間の示談で約1.9倍の賠償金を得た事案
30歳の主婦(女性)が、示談で4.6倍の賠償金を得た事案
30代の自営業者(女性)が、当初提示の約10.6倍の賠償金を得た事案
異時共同不法行為及び14級を認定され、賠償金を得た事案
35歳の主婦(女性)が、保険会社提示額より約2.4倍の賠償金を得た事案
37歳の主婦(女性)が、後遺障害14級事案では高額の約425万円が認定された事案
20代の女性が、後遺障害非該当ながら、当初提示額の約10倍の賠償金を得た事案
50代の会社員が、約1か月半の交渉で、約3.2倍の賠償金を得た事案
異議申立の結果、9級から7級に変更となり、当初提示より約2.3倍の賠償金を得た事案
事故時小学生(低学年、女性)が、訴訟提起後7か月で約3倍の賠償金を得た事案
10代の男性が保険会社主張の過失割合を争い提示額より約8.6倍増額した事案
紛センを利用して整骨院の施術費も全額認められ当初提示額より約2.5倍増額した事案
60代の無職の男性が就労の蓋然性を立証し当初提示案より約4.7倍増額した事案
30代の男性が被害者請求をして12級を獲得し、提示額より約17.6倍増額した事案
70代の女性が保険会社提示額より約4.8倍増額し約1060万円で解決した事案
事前認定非該当から被害者請求で異議申立をして14級を獲得し賠償額が約4.3倍になった事案
事前認定非該当から被害者請求で異議申立をして14級を獲得し賠償額が約2.7倍になった事案
事前認定非該当から被害者請求で異議申立をして12級を獲得し賠償額が約4.9倍になった事案
30代の主婦が受任してから約1か月で約2倍の賠償額を得た事案
51歳の会社員(男性)が受任してから約2週間で約1.8倍の賠償額を得た事案
31歳の会社員(男性)が受任から約2週間で約2倍の賠償金を得た事案
70代女性が受任してから約1ヶ月で約1.8倍の賠償額を得た事案
30代の主婦が、わずか18日間で約1.8倍の賠償金を得た事案
22歳の会社員(女性)が、実質2日間の示談で2倍の賠償金を得た事案
※個人の特定を防ぐため具体的な金額は1万円単位あるいは10万円単位にさせていただいています。

交通事故の解決事例一覧に戻る

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.