01

交通事故を専門に取り扱っている損害保険会社出身の弁護士が親身に相談に乗ります

福岡交通事故弁護士.JP

損害保険会社出身の弁護士が交通事故を専門に取り扱っています

0120-292511
受付時間 平日9:30~17:30
福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所
事務所地図はこちら

交通事故の問題でお悩みの方へ

HOME > 交通事故の問題でお悩みの方へ

交通事故の問題でお悩みの方へ


 交通事故の被害者の方が、交通事故に関して(過失割合や休業損害、慰謝料などの損害について)交渉をする相手は、交通事故の直接の加害者ではなく、加害者側が加入している任意保険会社の担当者である場合がほとんどです。
 保険会社の担当者は、たとえ、親身になって話を聞いてくれたとしても、営利企業の一従業員ですので、会社の利益を図るべく、できるだけ支払額が少なくなるように、保険会社に有利なように交渉を進めていきます。
しかも、担当者は、数多くの交通事故の交渉・示談を行ってきた経験がありますので、交通事故の交渉に関しては、いわゆる「プロ」といえます。
一方、交通事故に遭われた方は、ほとんどの方が交通事故に遭うことが初めての経験ですので、交通事故の交渉に関しては、ほぼ「素人」といえます。
 したがって、保険会社の担当者が言っていることや提示されている賠償額が適切なのか否かを、判断することは極めて難しいと思います。


 まだ痛みが残っているのに、保険会社の担当者から、「この怪我だったら、大体これくらいの期間で、治療を打ち切らせてもらっています」「軽微な事故だったので、治療は中断して良いのでは」等と言われ、やむなく治療を中断し、十分な治療が受けられないまま示談に応じてしまうケースもあります。
 また、賠償額を提示される際に、「慰謝料は、任意保険基準ではこの金額になります」
等と言われ、その提示された金額が適切か否かもよく分からないまま、「保険会社の方がそう言うならば・・・」と示談に応じてしまう方も少なくありません。
 もちろん、適正な金額が提示されている場合もあります。
 しかし、本来であれば受け取れるはずの金額より低い金額が提示されている場合も多く見受けられます。
このような場合には、弁護士が被害者の方を代理して、示談交渉や民事裁判をすることにより、最終的に賠償額が増額するケースがかなり多いといえます。
賠償額を少しでも多く得ることができれば、それを将来の治療費に充てることができ、経済的な負担を軽減することができると考えています。

 また、被害者の方からは、怪我の治療のために病院に通うことや、そのことで仕事や家事を休むことになってしまったことのみならず、度重なる保険会社の担当者との連絡・交渉等のやりとりが精神的に多大な負担になったとお聞きすることがよくあります。
 弁護士が被害者の方を代理することになれば、被害者の方が保険会社と直接やりとりをする必要はなくなりますので、怪我の治療に専念して頂けます。
そうすることにより、被害者の方の精神的な負担を軽減する一助になると考えています。

 交通事故(人身事故)で悩まれている被害者の方は、交通事故を専門に取り扱っている私たちに、是非一度ご相談下さい。

交通事故の問題は私たちにお任せ下さい

福岡市中央区舞鶴2-2-11富士ビル赤坂6F 赤坂門法律事務所 [事務所地図]

TEL:0120-292511 受付時間 平日9:30~17:30

交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故の解決事例
よくあるご質問
弁護士紹介

Copyright © 2012 福岡交通事故弁護士.JP All Rights Reserved.